木のブロック

希望通りに造ってくれる設計事務所を選ぼう!

木化事業の住宅メーカー

スーツの男性

いつの時代も木を大切に

住友林業は1691年に創業し、2016年現在も営業を続けています。長い歴史の中で住友林業は、木に存在している特性をちゃんと知って活かすということを大切にしてきたといいます。日本にある住宅は、時代の流れと共に大きな変化を遂げています。住友林業に限らずですが、家を建てる職業関連の人たちは時代と共に家の構造やデザインなどを変化させています。住友林業では、いつの時代も木を大切することを心がけているとされます。地震の影響で強度の高い家を作るために金属類などが用いられることが多い時代ですが、住友林業は木化事業という木造や木質化を推進する事業を行っています。日本の各地で国産材や県内木材の使用を推進しているので、住友林業の木化事業は今後も良い方向に進むのではないかと思います。

高評価を得る施工技術

住友林業の評判にて、良い評判として最も多い声が施行です。ほとんどの住宅メーカーは施工は別業者に頼んでいることが多いようですが、住友林業には一級建築士が多くいるので直施工が可能になっています。最近では自分がイメージした通りの家に住みたいという願いを叶えるようなプランが、多くの住宅メーカーにあります。住友林業にはsmart木達シリーズというものがあり、生活環境・家族構成・未来設計などを考えて自由な家づくりができるようになっています。施工についての評判が高いので、自由な家づくりができるsmart木達の評判も良い傾向にあります。選択肢などで少し問題はあるかもしれませんが、プランの内容が分かりやすいことも評判となっています。